高度なアセスメントオプション

アセスメントへのアクセスの管理、適格性に関する質問やウェルカム動画の追加、スナップショットの無効化、時間延長の許可、配慮リクエストの無効化、またはアセスメントの期限の設定

ステップ4:確認して構成するでは、ニーズに合わせてアセスメントをカスタマイズするためのさらなるオプションを提供しています。この記事では、各設定について詳しく説明します。この記事は、オーナー、管理者、採用担当者の役割を持つTestGorillaユーザーを対象としています。利用可能な設定はプランによって異なります。

読了時間:約7分

この記事の内容

  1. アクセス管理
  2. 独自の一般公開招待リンク
  3. ウェルカム動画
  4. 候補者による不正防止対策
  5. 試験時間の延長
  6. 候補者の適応
  7. アセスメントの期限
  8. よくある質問

アクセス管理

StarterプランまたはProプランのオーナー、管理者、採用担当者が対象です。

アセスメントへのアクセスを管理するでは、どのユーザーがどのアセスメントにアクセスできるかを制限することができます。これは、あなたが複数の部署に代わって、または人材紹介会社であればクライアントに代わって採用活動を行っている場合に便利です。

アクセスを制限すると、制限されたユーザーはアセスメントとその内容を見ることができないことを意味します。また、招待された候補者に関する情報も見ることができません。制限されたユーザーから見ると、アセスメントとそれに関連する候補者は存在しません。

 

高度なユーザー権限の設定方法

アセスメント作成プロセスの ステップ4: 確認して構成するからアセスメントを管理するには:

1-1 ページの一番下までスクロールし、詳細オプションを見つけます。
2 「アクセスの管理」の横にある矢印をクリックして、オプションを展開します。
3

アクセス権を割り当てたい各ユーザーの名前の横のボックスをチェックします。デフォルトでは、2021年12月14日以降に作成されたアセスメントは、作成者のユーザー役割に関係なく、アカウント所有者管理者 、およびアセスメント作成者に表示されます。あなたがアクセスを提供することを選択しない限り、他のユーザーは利用できません。

select-user

4 アセスメントの編集が終わったら、ページの一番上に移動し、完了をクリックして変更を保存します。
ヒントアクセスの管理 は、候補者がアセスメントを受けるよう招待された後に編集できる数少ない設定の1つです。詳細については、高度なユーザー権限 ガイドをご覧ください。

 

適格性質問

これは、Free Forever、Starter、またはProプランのオーナーユーザーと管理者ユーザーが利用できます。

候補者の中には、他の応募条件を満たさなくても、テストで優秀な成績を収める人もいます。例えば、あなたの仕事には業界標準の資格や、フルタイム勤務が可能であることが必要な場合があります。適格性に関する質問は、候補者がアセスメントを受ける前にこれらの要件を満たしているかどうかをチェックすることができます。1つのアセスメントにつき5つまで追加することができます。

 

適格な質問を設定する

適格性に関する質問を追加するには、アセスメント作成プロセスのステップ4:確認して構成するから次を行ってください:

1-1 ページの一番下までスクロールし、詳細オプションを見つけます。
2 「適格性に関する質問」の隣にある矢印をクリックして、オプションを展開します。
3 新しい質問を追加することにより質問を追加するか、別のアセスメントから質問をコピーする
4 アセスメントの編集が終わったら、ページの一番上に移動し、完了をクリックして変更を保存します。

適格性に関する質問の利点とその使い方については、適格性に関する質問の記事をご覧ください。

 

ウェルカム動画

これは、StarterプランまたはProプランのオーナーユーザーと管理者ユーザーが利用できます。

動画は候補者とつながるための強力な手段となります。ビデオメッセージは、職務や会社に関する情報を共有するのに役立つだけでなく、アセスメントに人間味を持たせることで、候補者をより安心させることができます。

アセスメントの開始時または 終了時のいずれかに動画を配置することができます。これを行うには:

1-1 ページの一番下までスクロールし、詳細オプションを見つけます。
2 「ウェルカム動画」の横にある矢印をクリックして、オプションを展開します。
3 +新しいビデオをアップロードをクリックします。動画をアップロードするためのポップアップが表示されます。
4 ファイルをドラッグ&ドロップするか、ここでファイルを選択するボタンをクリックします。アップロード可能なファイルの最大サイズは25MBです。
5 デフォルトでは、動画はアセスメントの開始時に表示されます。動画の場所を変更したい場合は、「アセスメントの最後にビデオを表示する」 にチェックを入れてください。

動画を選択すると、ウェルカム動画セクションに黒いウィンドウが表示されます。このウィンドウには、動画がコード変換中であることが表示されます。ファイルのサイズによっては、コード変換処理に数分かかる場合があります。

 

不正防止対策

すべての候補者がガイドラインに従ってくれると信じたいですが、ルールを曲げようとする人がいる可能性は常にあります。これを防ぐために、すべてのプランに不正防止設定を盛り込んでいます。

当社が提供する監視機能の1つに、アセスメント中の候補者のスナップショットがあります。当社では候補者のスナップショットの保存に関してGDPRに従っていますが、企業によってはスナップショットを使用したくない場合もあることを理解しており、本機能を無効にできるようにしています。

スナップショットを撮る理由や、その他の監視機能については、不正防止対策の記事をご覧ください。

スナップショットの有効化/無効化

スナップショットのオン/オフを切り替えるには, アセスメント作成プロセスの ステップ 4:確認して構成するから次を行ってください:

1-1 ページの一番下までスクロールし、詳細オプションを見つけます。
2 「不正防止設定」の隣にある矢印をクリックして、オプションを展開します。
3 必要に応じてボックスのチェックを入れたり外したりして、設定を有効または無効にします。
4 アセスメントの編集が終わったら、ページの一番上に移動し、完了をクリックして変更を保存します。

 

試験時間の延長

当社のテストの大半は10分間ですが、一部のコーディングテストは30分間です。すべての多肢選択式テストは12問、15問、または20問で構成され、ほとんどの受験者が与えられた時間内に解答を終えることができるように、また解答を調べる時間をあまり与えないように設計されています。

しかし、候補者に送信したアセスメントを完了する可能性を最大限に高めるべく、候補者により多くの時間を与えたいとお考えの場合もあるかと思います。このような場合は、すべての候補者により多くの時間を与えることができます。しかし、この場合、パーセンタイルランクのスコアはアセスメントに利用できなくなりますので、ご注意ください。詳しくは以下をご覧ください。

 

制限時間の変更方法

各テストの制限時間を変更するには、アセスメント作成プロセスのステップ 4:確認して構成するから次を行ってください:

1-1 ページの一番下までスクロールし、詳細オプションを見つけます。
2 「試験時間延長」の横にある矢印をクリックして、オプションを展開します。
3 追加したい延長時間のパーセンテージを選択します。最大90%の時間延長が可能です。
4 アセスメントの編集が終わったら、ページの一番上に移動し、完了をクリックして変更を保存します。

延長された時間は個々のテストに適用されますが、 独自のカスタム質問や企業テストには適用されません 。これは、それぞれに提供される時間の長さを制御できるためです。

ご注意:時間を延長する際には、アセスメント合計時間にご注意ください。

30分のコーディングテストを5つ含むアセスメントは、すでに2時間30分かかります。90%の時間を追加すると、受験者にはアセスメントに4時間45分かかることが通知されます。この極端な長さにより、候補者がアセスメントを開始することを躊躇する可能性があります。さらに悪いことに、正解を得るためにそれほど時間を必要としない経験豊富で優秀な候補者の意欲をそいでしまう可能性があります。

 

パーセンタイルランキングの制限

候補者を比較しやすいように、ベンチマークスコアを提供しています。 こちらにより、候補者がテストを受けた他のすべての候補者と比較したパーセンタイルランキングのどこに位置付けられているかを確認できます。

候補者間の公平な比較を行うためには、各候補者が同じ時間制限のもとでテストを受ける必要があります。試験時間を変更することで、プラットフォーム上で同じ試験を受けた他の候補者との正確で公平な比較ができなくなります。

このため、アセスメントに時間を追加した場合、 正解率のみを提供できます。

 

候補者への特別な配慮

人にはそれぞれ異なる事情があることを私たちは理解しています。もしかしたら、あなたの候補者は集中力や記憶力に問題があり、それがアセスメントを完了する能力に影響を及ぼすかもしれません。あるいは、アセスメントが母国語で行われていない可能性もあります。時間制限のあるアセスメントでは、これらのことが彼らを不利な立場に置く可能性があります。TestGorillaでは、候補者を対等な立場で判定したいと考えています。

こちらを支援するために、候補者はアセスメントを完了するための特別な配慮を申請することができます。私たちは候補者が提供した情報に基づいて判断を下し、適切な譲歩を行います。この設定は詳細オプションセクションから有効または無効にすることができます。

 

特別な配慮を有効または無効にする方法

ここでは2種類の宿泊施設を有効/無効にするオプションがあり、デフォルトではどちらも有効になっている:

  • アセスメントが行われている言語を流暢に話さない候補者への特別な配慮
  • 集中力や記憶力に影響を及ぼす障害を持つ候補者への特別な配慮
警告:特別な配慮オプションを無効にすると、お住まいの地域の公正雇用法や規制に違反する可能性があります。不明な場合は、これらを無効にする前に法的助言を求めることをお勧めします。

 

特別な配慮のオン/オフを切り替えるには、アセスメント作成プロセスのステップ 4:確認して構成するから次を行ってください:

1-1 ページの一番下までスクロールし、詳細オプションを見つけます。
2 「候補者への特別な配慮」の横にある矢印をクリックし、オプションを展開します。
3

有効または無効にしたい特別な配慮の横のボチェックボックスをオンまたはオフにします。集中力に関する問題を抱える候補者への配慮をオフにすると、その選択を確認するポップアップが表示されます。 機能をオフにするには、「オフにする」 をクリックします。

4 アセスメントの編集が終わったら、ページの一番上に移動し、完了をクリックして変更を保存します。

 

アセスメントの期限

StarterプランとProプランでご利用いただけます。

ある一定の時間だけ、汗背う面とを候補者に公開する必要がありますか?最初のアセスメント作成時刻から24時間後以降にアセスメント締切時刻を設定することができます。時間が経過すると自動的に終了します。

 

:あるアセスメントの締め切りが8月1日に設定されています。ある候補者は7月31日にアセスメントを受け始めましたが、終了しませんでした。その後、候補者は8月2日にアセスメントを再開しましたが、すでに締め切りを過ぎているため、アセスメントを完了することができません。

 

候補者がアセスメントを受けている間にアセスメントの期限が切れても、候補者はアセスメントを完了することができます。

 

:アセスメントは8月1日の午後12時が期限です。候補者は同日中にアセスメントを受け始め、午後12時30分までに評価を完了します。候補者がアセスメントを終了しない限り、彼らは期限前にアセスメントを開始したため、アセスメントを完了することができます。

 

アセスメント期限を有効にする方法

アセスメント期限を有効にするには、アセスメント作成プロセスの ステップ4:確認して構成するから次を行ってください:

1-1 ページの一番下までスクロールし、詳細オプションを見つけます。
2 「期限」の横にある矢印をクリックして、オプションを展開します。
3 「アセスメントの期限を設定する」をチェックし、締め切りの日時とタイムゾーンを入力します。 「期限が切れる前に候補者にリマインダーを送信する」を選択することもできます。
4 アセスメントの編集が終わったら、ページの一番上に移動し、完了をクリックして変更を保存します。

 

アセスメントの締切日が設定されると、アセスメントを受ける候補者に送信される招待メールにこの情報が記載されます。

 

締め切りのあるアセスメントの場合、アセスメント概要の2か所にもこの情報が反映されます:

1-1 マイアセスメントには期限列があり、各アセスメントの期限予定が1つずつ表示されています。
2

締切が予定されているアセスメントには、この情報がアセスメント名の下、アセスメントの長さと言語の隣に表示されます。

この情報をクリックすると、アセスメントの期限を更新または削除することができます。アセスメントを受けるよう招待された候補者で、アセスメントを完了していない候補者には、締切日に関する通知が送られます。

 

よくあるご質問

候補者への特別な配慮を無効にすると、警告が表示されるのはなぜですか?
地域によっては 必要な人に便宜を図ることを義務付けています。そうしないと法的措置を受ける可能性があります。この機能を無効にする前に、法的アドバイスを求めることをお勧めします。TestGorillaはいかなる法的影響についても責任を負いません

 

 

この記事は役に立ちましたか?
19人中12人がこの記事が役に立ったと言っています

このセクションの記事